食物繊維の多い食品は?

食物繊維の多い食品は?

食物繊維の多い食品は?

食物繊維の多い食品

食物繊維は、それ自体には栄養はなく、人体にとってのエネルギー源にはなり得ないものですが、糖質、脂質、タンパク質、ミネラル、ビタミンという五大栄養素につづく、「第六の栄養素」とよばれることもあります。これは、食物繊維が胃や腸における消化吸収の手助けをしたり、有害物質を体外にすみやかに排出するという意味で、重要な役割を果たしているということによるものです。
こうした食物繊維の含有量が多い食品としては、まずは野菜類が挙げられるといえます。大豆やあずき、いんげん豆などの豆類、ほうれんそうやにんじん、かぼちゃなどの緑黄色野菜などはその代表格です。ほかにも、わかめやこんぶなどの海藻類も、同様に含有量の多い食品のなかまといえます。これらを加工食品にしたものでも、かんてん、かんぴょう、味付けのりなどは、やはり繊維分を多く含んでいるものです。そのほかにも、しいたけ、しめじなどのきのこ類も、繊維の多い食品であって、これは干ししいたけなどの加工食品であっても同じです。
日本人は肉食中心になってしまい、かつての時代よりも摂取量が少なくなっているといわれていますので、こうしたものを日々の食事のなかで心がけて摂取するとよいでしょう。

水溶性食物繊維の多い食品

水溶性食物繊維は水に溶ける性質があります。ドロドロになった水溶性食物繊維は胃の中にある食べ物を包むことでコレステロールや糖質の腸内での吸収速度を遅くすることで、血糖値やコレステロール値が高いやダイエットを行っている人に適した食物繊維なのです。また有害物質も包み込んで体外に排出する役割もあります。ドロドロになることで胃から腸にかけての移動がゆっくりのため、お腹がすきにくいというダイエットには嬉しいメリットもあります。
水溶性食物が多い食品には寒天やひじき、わかめどの海藻類、キウイやバナナ、りんごなどに多く含まれているペクチンも水溶性食物繊維の一種です。納豆やきなこなどの豆類やゴボウやアボカド、オクラなどの野菜類にも含まれています。ゴボウは不溶性食物繊維も多く福間得ているため、便の量を増やし便秘解消の役割があります。
水溶性食物繊維と一言に言っても多くの種類があり、ペクチンやグアガム、こんにゃくに多く含まれているグルコマンナンやイヌリン、難消化性デキストリンなどがあります。日本ではこれらの配合された商品が、特定の健康に役立つことが化学的に証明された商品としてトクホマークを付けて販売されています。

食物繊維を効率よく摂取するために青汁

食物繊維は便秘を予防する効果がある事が知られており、便秘がちな人は積極的に摂取する事によってお通じを良くすれば、健康に良いというだけでは無く美容に対しても効果があります。
また、食物繊維は単に便秘を解消する効果があるだけでは無く、肥満や大腸がん、糖尿病、動脈硬化などの予防にも効果がある事が分かっています。
そんな健康や美容に効果があると言われている食物繊維ですが、一日当たりの必要な摂取量は男性で27g、女性で20gと言われているのに対し、平均的な成人では16g程度であると言われており、全体的にやや不足気味となっています。
食べ物から補うには葉物野菜や根菜類に多く含まれているために、キャベツやさつまいも、ゴボウなどを積極的に食べるのが良いのですが、一日当たりの必要とされている量を食べ物から補おうとすると毎日かなりの量を食べなければならないです。
食生活が欧米化していて肉類を好んで食べて野菜などが不足しがちとなっているせいもありますが、必要量を食事から補おうとするのはとても効率が悪くて現実的では無いです。
そこで効率的に摂取するために青汁を毎日飲むようにすると、青汁の中には食物繊維が豊富に含まれているのでかなり効率よく補う事が出来ます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
食物繊維の多い青汁を紹介しています。⇒青汁比較ランキング